男のスキンケア実践編:化粧水で水分補給

正しい洗顔は、余分な皮脂を流さず汚れを落とし、肌を健康に保つ役割を果たします。
これができた上で始めて次のステップに進めるのです。

 

一般的な化粧品を使っての肌ケアをフルセットで行うと、
洗顔→化粧水→美容液(トラブルがある場合)→乳液という内容と順番になります。

 

それぞれの手順が役割を持っているのですが、商品によっては全てを1本で終わらせられるものもあります。
この基本の内容を理解した上で、個々の商品がどういった役割を果たしているのかを見定めることが、様々なヘアケア商品選びをするに当っては大切です。

 

洗顔後の顔は、乾燥肌にまっしぐら

汚れと共に皮脂がそれなりに洗い流されている洗顔直後の顔は、適切な皮脂が顔を覆うまでは大変不安定な状態です。
顔に水がついていると、それと一緒に肌に含まれる水分も一緒に蒸発し、肌は乾燥してしまいます。
主に水分の足りなくなりがちな肌に素早く水分を補うのが化粧水です。

 

しかし、一概に化粧水と言ってもバリエーションが多く、汚れを拭き取ったり、肌を収れんさせたり、日焼けのほてりを治めたりするローションなど様々な商品があります。
だからこそ、それぞれの商品の目的をよく理解して、自分の目的に合ったものを選ぶ必要があるのです。

 

ここでは、保湿目的の化粧水の使い方を解説します。

 

保湿のための化粧水の使い方

まず、洗顔後の顔に水分が残っていないように丁寧にタオルで押さえるように拭きとります。
何度も書きますが、「こすらない」ことが大切です。
特に洗顔後は、肌のバリアが最も薄い状態ですので、最も大切に扱わなければいけない時間帯です。
そして、説明通りの適量を手に取って、肌になじませていきます。
なじませるというのは擦り込むということではありません。
また、バシャバシャと叩きこむのでもありません。
温かい手に伸ばした化粧水を手のひら全体にまず広げ、手の平全部で顔を覆うようにして、優しく押さえるように顔の皮膚になじませるのです。
化粧水はたっぷり使うべきだという言葉がありますが、手に余ってしまうような使い方は無駄なだけ。
顔への浸透が悪い場合には、顔になじむ分量を何回かに分けてのせるのが効果的です。

 

次に、目元、小鼻など顔の凹凸のある部分に指の腹にとった化粧水をなじませます。

 

それができたら鏡で肌の様子を確認してみましょう。
表面に水が残っている感じがなければOKです。
指で頬に触れると化粧水や水のヌルヌルではなく、潤った肌自体が指に吸い付いてくることが実感できるでしょう。

 

まずは化粧水を使うことに慣れましょう

今まで化粧水を使ったことがないと、なじませるだとか、肌の潤いだとかはわからないものです。
しかし、毎日鏡を見ながらチェックするうちに、肌がどんな状態にあるのかが分かるようになってきます。
まずは、化粧水を使う習慣と、同時に鏡で肌を丁寧に観察する習慣を付けることから始めましょう。