男のスキンケア実践編:乳液で肌に大切な栄養を逃がさない

ニキビがあるのに、油分を更に供給するメリット

 

油分の供給というと、必要ないと感じる男性は多いでしょう。
もとより男性は皮脂の分量が多く、そのために自分がオイリー肌だと思っている方も多いのです。
そんな顔にさらに油分を補給する意味があるのでしょうか?

 

スキンケアの目的は、清潔感のある好感度の高い肌を手に入れること、そしてそれは「脂分と水分のバランスがとれている」状態を指します。
洗顔後の肌は、皮脂が少なくデリケートな状態ー肌が外に解放されていて、水分が飛び、乾きやすい状態です。
そしてそんな状態から皮膚を守るために、毛穴の奥では皮脂の分泌が促進されているのです。
この時に、普段よりもデリケートだからこそ、洗顔直後の瞬間には皮脂分泌の機能は過剰に働きます。
乳液を使い、適度な油分を補給する事で、その過剰な働きを抑えることができるのです。
また、皮脂が表に出てきて顔を保護するとテカリなどにもつながりますが、代わりに乳液が保護することによりその悩みも抑えられます。

 

オイリー肌でも乳液が必要なのか

 

上で述べたように、乳液は皮膚の環境を整えることで、皮脂の過剰な分泌を抑える働きがあります。
オイリー肌だからといって乳液が必要ないわけではありません。
ただし、肌の働きは非常に繊細なバランスの上に成り立っています。
悩んだ末に選んだ化粧品がやはり合わないという可能性は十分考えられます。
それを防ぐためには、サンプルやトライアルセットなどでまずは試すということが必要です。

 

環境を整えた肌に乳液でふたをする

 

スキンケアの締めが乳液です。
最後に乳液を塗ることで、保湿のための化粧水やトラブルケアのための美容液にふたをして、その効果を高める役割を果たします。

 

化粧水と同じように手の平に適量を広げたら、顔の中心から外側に向けて円を描きながら伸ばすように塗っていきます。
顔の中でも乾燥しやすい部分には最初に付け、全体へとよくなじませましょう。
ベタベタとたっぷり付けると効果が変わらないどころか無駄になりますので、薄く取り、肌になじむだけの分量を見定めて使います。