ニキビの発症部位ごとの原因

全てのニキビの原因は、毛穴に皮脂がたまり、常在菌の過剰な活動によるものです。
ただし、ニキビのできる部位ごとに皮脂がたまってしまう理由は違いますので、気を付けるべき点も違ってきます。

 

顔にできるニキビは年齢と共に下へと移る傾向があるようです。
上から順に思い当る点がないか確認し、適切な対処を心がけましょう

額のニキビ

Tゾーンとも呼ばれる部分は、体の中で皮脂の分泌が多い場所です。
特に皮脂分泌の増える思春期には額のニキビが現れやすいですね。
また、前髪や整髪料の刺激により皮膚が反応して皮脂が増える場合もあります。
額のニキビが気になる方は、髪型を変えるだけでも落ち着く場合があります。

頬のニキビ

年齢を問わずニキビができやすく、一度できると比較的炎症を起しやすい傾向があるのが頬のニキビ。
皮脂の分泌は額に比べると少ないのですが、風に当りやすいため乾燥しやすく、少しの皮脂でも肌のトラブルを起こしがちなのです。
また、寝るときに汚れた枕を使っていると、それが原因となるのも頬ニキビの特徴です。

口周りのニキビ

口周りのニキビは大人の男にとっては典型的なものです。
なぜなら、ストレスや生活習慣の悪化などが顕著に現れるのが口周りだからです。
また、男ならではの原因としてひげ剃りが上げられます。
毎日のひげ剃りは間違いなく肌を荒らすので、適切なやり方を心がけなければいけません。
荒れた肌は皮脂のバランスを崩します。
そして、ちょっとでもトラブルがあったときに、気になって手で触りやすい事もポイントになります。
雑菌により、さらなるトラブルの原因となるのです。

首のニキビ

大人によく見られる部位ですが、それ程皮脂分泌が多くない場所です。
そのため、ストレスや悪い生活習慣によるホルモンバランスの乱れにより、皮脂が過剰に分泌された場合に発症します。
スキンケアはもちろんのことですが、生活習慣を正すことがまず大切なポイントになります。

 

 

上記のような顔のニキビは他人から見えるために気になるので、このコラムを読んでいる方であればケアを心がけやすいですね。
しかし、体のニキビは他からは見えにくいのでケアを怠りがちです。悪化して跡が残ってから後悔しないようにしましょう。

頭皮のニキビ

皮脂の分泌が盛んな頭皮ですが、見えにくいのでケアが遅れがち。
原因として考えなければいけないのは適切なシャンプーがされていないことです。
流し残されたシャンプーやリンスは頭皮に悪影響を及ぼします。
また、シャンプー時にゴシゴシと爪を立てて洗う事で皮膚を傷つけますし、洗い過ぎる事で皮脂が足りなくなり、過剰な皮脂分泌を促すことになるので注意が必要です。

 

背中のニキビ

自分で見えないために、悪化させ跡を残しやすいのが背中です。
顔と同じように皮脂線が多いのに清潔に保ちにくいことがポイントになります。
入浴時のシャンプーやリンスは思っている以上に背中に残っているので、こすりすぎない程度に洗い、しっかり流しましょう。

 

お尻のニキビ

顔と違い常に下着と触れている場所であり、デスクワークの方にとっては長い時間接触のストレスがあったり蒸れたりと、周辺環境によりニキビができる場所です。
清潔に保つのはもちろんですが、下着を滑らかな素材に変えたり、サイズを替えるなど、肌へのストレスがない状態にしていくことが必要です。

部位によって違う!メンズニキビの発生原因関連ページ

ターンオーバーについて
今ニキビに悩む方が、ニキビのない健康な肌を手に入れるためには、トラブルから肌がどのように回復していくのかを知らなければなりません。
思春期ニキビについて
全てのニキビは、なんらかの原因で毛穴内部にたまってしまった皮脂がもたらすトラブルです。 この皮脂を作り出すのに大きな役割を果たすのが、「アンドロゲン」という男性ホルモンなのです。
年齢別ニキビの違い
「青春のシンボル」ではありますが、悩んでいる本人にとってはそんな青春は避けられるなら避けたいものです。 しかし、この言葉通り、思春期の男ニキビは、ノドボトケがふくらんだり、体毛が増えたりと大人の男になるための体の変化の一部なのです。
性別による肌の違い
女性の肌は化粧やホルモンバランスによって不安定な状態になりやすいのですが、実は男性の肌だって原因は違えど不安定になりやすいのが事実です。