思春期と大人のニキビの違いとは

思春期の男ニキビの原因は、過剰な皮脂分泌

 

ニキビの発生には、男性ホルモンが深く関わっている場合が多いのですが、思春期の男ニキビの原因は間違いなくこの男性ホルモンの働きによるものです。

 

思春期とは、子供の体が、大人の男の体に変わって行く時期です。この男性らしい体を作るのが男性ホルモンです。

 

思春期にはこの男性ホルモンが活発に働くために、体毛が濃くなったり、筋肉質な体になったりするのです。
その男性ホルモンの働きの一つが、皮脂の分泌。

 

思春期には、皮脂の分泌が活発化します。
しかしそれに対してまだ発達していない狭い毛穴では充分な皮脂の排出ができません。
こうして、毛穴に過剰な皮脂がたまり、常在菌が活性化してニキビとなるのです。

 

思春期のニキビは原因がはっきりしているので対策は取りやすいですね。
過剰に分泌される皮脂を、洗顔を中心に適切なバランスに落ち着かせることが対策です。

 

これは皮脂をとにかく洗い流せという意味ではありません。
若い時期には何でも過剰にしがちですが、過剰な洗顔はさらなる皮脂分泌を促すことを心に留めておいて下さい。

 

適切な洗顔料を使っての、適切な洗顔とスキンケアが青春のシンボルの改善には必要になるのです。

大人ニキビは原因が複雑

思春期のニキビと比べると、大人のニキビには様々な原因が複雑に絡みあっている事がポイントになります。

 

たしかに男性ホルモン由来の過剰な皮脂分泌は思春期と比べれば少なくなります。
ところが、忙しく働く現代の男はどうしても生活が乱れがち。

 

充分な睡眠、バランスのよい食事、適切な洗顔、精神の安定…こういったものが乱れる不健康な生活は、ホルモンバランスをくずします。

 

その結果、単に皮脂が過剰になるだけでなく、皮膚のターンオーバーの乱れを招くため、弱く不健康な肌を作る元になるのです。
また、皮膚自体が若い時と比べると固くなっているので、皮脂が少なくても結果として詰まりやすくなっている場合もあります。

 

つまり、大人ニキビの解決には適切な洗顔はもちろんのこと、それに加えて生活を整えて、ホルモンバランスをコントロールしていくことが必要になります。

思春期ニキビと大人ニキビの違い関連ページ

ターンオーバーについて
今ニキビに悩む方が、ニキビのない健康な肌を手に入れるためには、トラブルから肌がどのように回復していくのかを知らなければなりません。
思春期ニキビについて
全てのニキビは、なんらかの原因で毛穴内部にたまってしまった皮脂がもたらすトラブルです。 この皮脂を作り出すのに大きな役割を果たすのが、「アンドロゲン」という男性ホルモンなのです。
性別による肌の違い
女性の肌は化粧やホルモンバランスによって不安定な状態になりやすいのですが、実は男性の肌だって原因は違えど不安定になりやすいのが事実です。
部位別の原因
ニキビはいろんなところにできます。おでこや鼻、口周り、はたまた背中や二の腕など・・・。実はそれぞれ場所によってニキビができる原因は違うのです。