女と男の肌と環境はこれだけ違う

男性も女性も同じように、肌は清潔で美しいほうがよい。
しかし、世の中のスキンケアに関する情報はどちらかといえば女性向きに偏りがちですよね。
そのため、男性にとって適切でない場合もあります。

 

また、男性の方がスキンケアに対する意識が低いために、取り返しのつかない大きなトラブルを招きがちなのは注意しなければいけません。
こちらのコラムを探しだすほどの意識を持っている男性ならば心配ありませんが、このまま常に正しい知識を取り入れ続けるように心がけましょう。

男性ホルモンが作るギトギト肌

男性の肌は女性と違って、男性ホルモンの働きによる皮脂の分泌が多く、オイリー肌が多いのが特徴です。
もともと女性と比べると2.5倍もの皮脂の分泌をするのが男性の皮膚。
しかし、その割には女性にも同じようにニキビができます。
これは、女性の毛穴が小さく、少ない皮脂でも詰まりやすいためです。
男性の毛穴は大きいのでちょっとのトラブルでは皮脂が詰まることはありません。
しかし、その大きなキャパシティ以上に皮脂が分泌されるのが男性のオイリーな肌なのです。

ひげの手入れは、肌と向き合う男の大切な時間

 

スキンケアの基本は自分の肌をよく観察し、知ることから始まります。
しかし、女性と比べると化粧に取る時間がないために、男性の意識は低いですね。
そんな中で男性ならではのスキンケアの時間はひげ剃りの時間。

 

どんなに気を付けたとしても、ひげ剃りは肌を確実に傷つける行為です。
つまり、女性以上に肌の健康にシビアになるべきは男性なのではないでしょうか。
衛生的なひげ剃りを行うのはもちろんのこと、その時間に肌の様子を観察するクセをつけることで、肌のトラブルを減らすことができます。
前の晩に飲みすぎて夜更かしをすれば、それがちゃんと表れるのがあなたの肌なのです。

 

ひげ剃りの際には、ひげだけを見るのではなく、おでこや頬の様子を常に観察するクセをつけましょう。

 

男のスキンケアと生活習慣

仕事のストレスにさらされ、ついつい生活習慣が乱れると、さらに体に負担がかかります。
こういったストレス状態になると、それと戦ための男性ホルモンが多く分泌され、皮脂の過剰な分泌を促します。
過剰な皮脂は毛穴に詰まりニキビとなります。

 

しかしながら、仕事の忙しさにかまけて肌をケアする事を怠れば、ますます仕事に悪影響を及ぼします。
肌が汚い男ときれいな男だったらどちらと仕事をしたいでしょうか?
女性ほどシビアでなくても、充実した仕事のためには自分の肌を管理できる能力は必要なのです。

 

仕事のできるモテる男を目指すならば、女性以上に肌に関心を持ち、適切なケアを心がけ、清潔感がある肌を勝ち取りましょう。

男性の肌と女性の肌の違い関連ページ

ターンオーバーについて
今ニキビに悩む方が、ニキビのない健康な肌を手に入れるためには、トラブルから肌がどのように回復していくのかを知らなければなりません。
思春期ニキビについて
全てのニキビは、なんらかの原因で毛穴内部にたまってしまった皮脂がもたらすトラブルです。 この皮脂を作り出すのに大きな役割を果たすのが、「アンドロゲン」という男性ホルモンなのです。
年齢別ニキビの違い
「青春のシンボル」ではありますが、悩んでいる本人にとってはそんな青春は避けられるなら避けたいものです。 しかし、この言葉通り、思春期の男ニキビは、ノドボトケがふくらんだり、体毛が増えたりと大人の男になるための体の変化の一部なのです。
部位別の原因
ニキビはいろんなところにできます。おでこや鼻、口周り、はたまた背中や二の腕など・・・。実はそれぞれ場所によってニキビができる原因は違うのです。