ニキビはつぶす?つぶさない?

周囲に聞けば様々な答えが返ってくるのが、ニキビをつぶすのか、それともつぶしてはいけないのかの問題。
いったいどちらが正しいのかは、誰もが頭を悩ませてきた道です。

 

この答えは、ニキビの仕組みを理解し、自分のニキビをよく観察することで自然と導き出されます。
また、つぶす場合にも正しいやり方で行わないと、トラブルの元ですので気を付けましょう。

つぶしてよいニキビ

ズバリ、ニキビの初期の段階であればつぶしてもよいと言えます。
初期段階とはコメドや白ニキビ、または黒ニキビと呼ばれる、毛穴に皮脂が溜まっている状態のこと。
本来であれば、皮脂が毛穴から出るべきなのに、トラブルで出にくくなっているのを助けて上げれば改善するのです。
ただし、初期症状とは言っても、毛穴が余りにも固くなり過ぎていたり、穴が完全に閉じたりしているのを押すと、皮膚の奥に刺激を与え、炎症を悪化させるので気を付けて下さい。
また、適切につぶしたとしても、皮膚を傷つける事には変わりありません。
芯を上手く取りきれない場合には、ニキビの問題を残したままで肌が傷つくことになりますのでその点も気を付けましょう。

 

逆に、絶対に避けるべきなのは炎症を起していたり、黄色く膿んでいるニキビです。
これらは皮膚の細胞が傷ついていますので、余計な刺激でニキビ跡が残ることにもなりかねません。
この状態になったら決してつぶさず、早めにクリニックに駆け込む事が必要です。

ニキビのつぶしかた

つぶしてよいと言っても、指で押し出すようにつぶしてはいけません。

 

正しくニキビをつぶすためには、針と「コメドプッシャー」を使用しましょう。
コメドプッシャーはドーナツ状に穴の空いた棒状の器具で、皮膚の一点に押し当てて穴からニキビの芯を押し出すように使います。

 

まずこれらの器具と手を良く洗います。

 

そして、皮脂が外に出やすいように、ニキビの先端に針で傷を付けます。

 

次に、コメドプッシャーを正確にニキビの中心に押し当てて、芯を押し出します。
これは一回勝負だと思って集中しましょう。

 

最後に、ニキビが押し出されたら、こすらない様にふき取り、消炎成分が入ったオロナイン軟膏やワセリンを塗って肌を外部刺激から守りましょう。
消毒したくなるところですが、肌が弱った状態では肌の自助回復力を失わせますので避けたほうがよいでしょう。
ワセリンでの湿潤治療は、肌の湿度を保ちながら肌の健康な働きを取り戻すのでお勧めです。

 

指で押し出してはいけないのは、肌の別の部分に余計な圧力がかかるためです。
コメドプッシャーは余計な場所に圧をかけないために使うのです。肌への余計な刺激はニキビを悪化させます。

 

 

男は黙ってニキビをつぶす!それ、ちょっと待って!関連ページ

間違ったスキンケア
多くの男性は脂性で悩んでいるのではないでしょうか。だからといって、顔をスクラブ入りの洗顔で念入りに洗ったり脂取り紙をまめに使っていたりしませんか?その行動が実はニキビを悪化させているかも知れません。
スキンケアの基礎知識
女性用の化粧品CMなどで、言葉は知っていても、実際に内容やメカニズムはよく分かっていないのが男性です。 ニキビのできにくい健康的な肌のために、当たり前すぎて見落としがちな常識で、最低限知っておくべきことをまとめてみました。
女性用のスキンケア用品を使うのはアリ?
しかし、使ってはいけないかと言えば、使っても問題はないというのが答えです。 どちらも同じように人間の肌に使うものですから、根本的な所では問題ありません。 スキンケア用品選びのポイントは、自分の肌とその商品の成分がマッチしているかどうかだけです。
何をしても治らないニキビはお医者さんへ
簡単に治るニキビがあればそうでないニキビもあります。なかなか治らないニキビは重症化する前に病院へ行きましょう。