タバコと肌の健康

喫煙の習慣が様々な害を及ぼすことは知られていますが、肌に対しても大きなダメージを与えます。
タバコを吸うことで血流が少なくなり、肌に栄養が行きにくくなります。
そのため適切なターンオーバーが行われなくなり、ニキビが治りにくくなります。

 

同時に活性酸素が過剰に発生するので炎症が増え、肌が老化していきます。
スモーカーズフェイスと呼ばれる、喫煙者に見られるしわだらけでカサカサの顔は、タバコの肌への影響をよく表す例でしょう。

 

活性酸素とは私達の生活の中で発生し、細胞の酸化を促し、正常な働きを失わせる物質です。
結果として肌の老化や体の様々な病気となって表れます。

 

これを防ぐためには、活性酸素を発生させず、逆に抗酸化物質が体内でたくさん作られるような生活を心がけることが必要です。

 

そして、喫煙はこの活性酸素を過剰に発生させる大きな原因だからこそ、ニキビの改善を考えたときに避けたい習慣なのです。

 

 

タバコは止めない代わりに…

喫煙者にとって、最も意味のない言葉は、「タバコは体に悪いので止めましょう」ですね。
数え切れないほどに言われていながら、さんざん聞き流してきたこの言葉をここでもう一度繰り返す気はありません。

 

そこで、タバコがなかなか止められないのを前提とした上で、そのマイナスをできるだけ小さくするためのポイントをご紹介します。

 

タバコやストレス等で発生する活性酸素の攻撃から体を守る役割を果たすのは、「抗酸化物質」です。
これは、日々の食事から摂ることができます。
それらが含まれるのは、ビタミンC、ビタミンE、β-カロチン、ビタミンB群などです。
例えば今まで朝食を抜いていたのを、ビタミンCたっぷりのフルーツを食べるだけでも肌には良い影響があります。
他には、赤ワインやココアのポリフェノール、緑茶のカテキンなどにも抗酸化物質が含まれているので、休憩のタバコ一本をココアやお茶に代えるように心がけてみてはいかがでしょうか。
また、夜のビールを時には赤ワインに代えてみるのもよいですね。

 

 

適度な飲酒とはどのくらい

タバコが血流を減らすのとは逆に、飲酒は血管を膨張させ血流を増やします。
顔が赤くなるのは皮膚の血管が広がっているからなのです。
血流が増えれば、肌の隅々まで栄養が潤沢に運ばれるので好ましいことです。

 

ただし、過度な飲酒は逆に体の負担となるので、活性酸素を発生させる原因となります。

 

厚生労働省の進める「適度な飲酒」とは、純アルコールにして約20g程度とされています。
これは、ビールでは500ml缶1本、日本酒では1合程度です。
もちろん個人差がありますが、顔がすぐに赤くなるような方の場合にはアルコールを分解する力が弱いので、特に気をつける必要があります。

 

 

タバコやお酒のような嗜好品は、日々の生活に彩りを添えてくれるもの。
だからこそ、ニキビを改善することを考えれば、今一度見直してみることが必要なのです。

酒とタバコと男のニキビ関連ページ

食事法
ニキビ対策には食生活の見直しが必要になってきますが、いきなり菜食主義になる必要はありません。できることから少しずつ食事を変えていけば大丈夫です。
睡眠
残業が終わって、寝るのがもったいないからいつも夜更かし・・・そんな生活していませんか?ニキビを治したいなら少しでも早く寝ることが大事です。